小論文の形式

小論文の点数は様々な項目から配点されます。そのため、小論文を書く時は色んな部分に気を付けて書かないといけません。これから、小論文の書き方の注意点を紹介するのでチェックしましょう。

小論文の書き方をマスターしよう

原稿用紙

段落構成が明確かつ説得力があるか

小論文は3、4段落で構成することが基本的な形となります。配点では、この段落ごとの構成がしっかりとしているか、全体に見てきちんと一つの結論になっているかなどが重要になってきます。また、段落構成での話がまとまっていても説得力がなければ、配点が少ない時もあります。

漢字と文章表現

正しい日本語が使われているかも小論文の書き方で重要な部分です。せっかく、いい話を書いているのに漢字の誤字や話し言葉の誤用などで減点されてはもったいないです。また、基本的なことですが「です・ます」ではなく、「だ・である」口調で書くことも大切です。

独創性や個性

小論文において一番重要なのは論旨や説得力ですが、独創的や個性を出すのもいいでしょう。オリジナリティのある文章は読む側からも面白いと感じて、多く点数を配点してくれることもあります。しかし、あまりオリジナリティを出し過ぎると、自己主張が多い小論文になりかねないので、書く時は注意しましょう。

課題文の要約問題

課題文の要約問題で大切なのは、結論と主要な理由を具体的に押さえているかです。この課題文の要約問題では、課題について要約し過ぎて展開が少なくなり文章が短くなることが多いので注意しましょう。また、グラフや図表の読み取りは大切ですが、そこから読み取れる事実や感じ方を混ぜて書くのはNGとされています。

小論文の書き方に関する記事

原稿用紙

小論文の書き方をマスターしよう

小論文では色んな部分に注意して書かなければ高得点を狙うことができません。そのため、小論文の書き方が大変重要になってくるのです。もしも、小論文で高得点を狙っているならこちらで気を付けるべきポイントを押さえておきましょう。

READ MORE
広告募集中